光浦醸造

HOME > Someone's trip > 伊より。

伊より。

ボローニャ山口みたいな田舎に住んでいるのに、突然
イタリア人の方が尋ねてきたらどうしますか?

私はきっと驚きます。

・・・というか驚きました(笑)。

昨日、それが起こったのです。
突然のことで目がテンになってしまいましたが、
聞けば当店の従業員の親戚の旦那さん。

奥さんの故郷である山口県にボローニャからバカンスで来ていたとのことです。
イタリアでワインの販売をしていて、ソムリエの資格を持っている彼は味噌や醤油にも興味があるらしく、奥様と一緒に工場見学にやってこられたのでした。

とっても小さな工場なので、あっという間に見所は終わってしまったのですが(笑)、
木桶や麹室の麹蓋などに興味津々。
私が味噌の製造工程を説明すると、ワインの専門家である彼の飲み込みはとても早く、次々と的を得た質問を投げかけてきました。
あまりに専門的な話をされるのでイタリア語ペラペラの奥様でさえ電子辞書を取り出して通訳してくださるほど(笑)。
発酵というものの魅力に国境は無いんだなーとあらためて感心してしまいました。

色々と話を聞くと彼はイタリアでお味噌汁を作るときは、麦のツブツブが好きで味噌をこしたあとの残りカスを味噌汁に入れて飲まれるそうです。シブイな?(笑)。
その後、ボローニャでは中々手に入らない麦粒味噌と淡口醤油を片手に笑顔で帰っていかれました。
「今度ボローニャに遊びにきてね?♪」と言い残して。。。

じゃ近いうちに(笑)。

-----------------------------------------------------------------–

○光浦醸造HP : http://www.asahimiso.com/