光浦醸造

HOME > One day > 最近読んだ本

最近読んだ本



最近読んだ本をご紹介。

光ってみえるもの、あれは (川上弘美)

「センセイの鞄」や「椰子・椰子」が面白かったので、川上弘美作品をチョイス。
川上作品は”ひらがな”の使い方が女性的で読みやすく、結構好きです。
16歳の少年のほろ苦い感じが出ててとても爽やかな作品でした。
主人公を囲む周りのキャラクターがとても素敵で、人物を描くのが上手いなぁと感心します。きっと川上さんは人間観察が好きなんだろうな。

流星ワゴン (重松清)

どうしても過去を変えることはできないけど、過去と向かい合うことで
“今” 何かをすることが出来るということを教えてくれる物語。
時空を越えたストーリーは、時間を忘れて読み入ってしまいます。
東野圭吾の「秘密」みたいなのが好きな方は結構面白いと思います。
(まぁ、あれほど泣けないけど)

中国行きのスロウ・ボート (村上春樹)

村上春樹初の短篇集。
私が好きだったのは「午後の最後の芝生」と「土の中の彼女の小さな犬」
「午後の最後の芝生」は、私が以前住んでいた経堂と読売ランドが出てきたので景色まで鮮明に。。。懐かしいな。
もう一度読んでみたいと思えるくらいオススメな短篇集です。