光浦醸造

HOME > 記事・SNS一覧 > 光浦醸造について

光浦醸造について

about Mitsuura-jozo

光浦醸造は山口県防府市にある小さな醸造所です。

私たちは、慶応元年の創業以来150年以上にわたり、みそ・しょうゆ等伝統的な調味料づくりを生業としています。日々の調味料づくりをとおして皆さまの食卓に昔から変わらぬ味と安心をおとどけすること、それが何より大切な使命だと考えます。
味噌や醤油は、日本を代表する伝統調味料にも関わらず、 地域によって味は様々であり、美味しさの基準は人それぞれ。 これほどの情報社会の中にあって、味が均一化されていないのは とても素晴らしいことだと思います。
それは、それぞれの地域の醸造所がそれぞれの地域の嗜好や作物の環境、文化に長年にわたって真摯に向き合い、対応して徐々に作り上げられた確固たる『ふるさとの味』があるからではないでしょうか。
30年後、50年後であっても、海外にいても宇宙にいても、一口飲んだだけで懐かしいふるさとの思い出や情景が眼に浮かぶような、そんな『ふるさとの味』をこれからも守ることが地域に支えられてきた私たち小さな醸造所の最大の責任だと考えています。

image_mitsuura_2

変わらない味を守るために、相変わったものづくりを。

今の光浦醸造の味噌や醤油は江戸時代末の創業時と全く同じ味ではありません。
原材料の品質や気候、流通形態、生活環境が変わり、人々の嗜好が変わってくる中で『相変わらずな美味しさ』を保つためには、『相変わったものづくり』が求められます。スタンダードな商品であってもその時代・環境に合ったより良い製法・原料選びを行い、変化を恐れずに、変わらない味づくりに取り組んでまいります。
変わらない味を守るために、相変わったものづくりを、昔の人たちと同じ心意気で。
image_mitsuura_3

100年後の定番を、今、つくろう

私たちは「伝統とは終わったもの」と考えています。つまり先人たちが積み上げたゴール上にいるのであり、そこに大きな革新を求めることはせず、”変わらない味”をつくり続けることを最も大切にします。
一方で、その他の商品においては味噌や醤油というカテゴリには縛られずに、つくり手として食の楽しみを引きだして新しい可能性を追求してゆくことを大切にし、「100年後の定番を、今、つくろう」という気概で自分たちのルールに基づいて出来るだけシンプルな組み合わせで楽しく美味しい、今までになかった新しい商品を作っていきたいと考えています。

光浦醸造の考え

The logic of Mitsuura-jozo

食文化について

温かみのある食卓づくりの支えとなる

昔、各家庭でおばあちゃんが味噌や醤油を作っていた時代、家族の人数も多く、食卓はまさしく囲むものであり、食事は質素であっても、賑やかで心に残るものであったと思います。
高度成長期を経て、ものや情報が溢れ、効率化がすすみ、どこにいても同じものが簡単に手に入る便利な世の中になりました。昔と比べ食は豊かになりましたが、食文化が豊かな方向に向かっているかというと、決してそうではないと感じています。
私たちは、日本の伝統調味料をつくっているものとして、少しでも日本の食文化を良くし、世界に誇れるものにしたいと願っています。

しかしながら、食文化とは、ただ単に ”食べること” だけではなく、その土地の風土・風習など様々な要素が、長い歴史の中での日々の積み重ねによって出来た、大きな山のようなものであり、何かの意図をもって簡単に作ることも崩すことも出来ません。 そのような大きな山を前にし、私たちにできることは、目の前の日々の食卓を美味しく、温かく、楽しいものにしていくお手伝いをすること。 そんな温か味のある食卓には自然と笑顔や会話が溢れ、ゆたかな暮らしをはぐくむと信じています。 私たちつくり手は、ただ職人としてだけではなく、食人として食の楽しさや奥深さを追及し、そのような温か味のある食卓づくりの支えになっていきたいと考えています。

つくりたいもの

インスピレーションを与えるものづくり

「キッチンにインスピレーションを、テーブルに会話を。」という経営理念のもと、初めて商品を見たときや初めて味わった時にビビビとレシピが浮かんだり、あの人にプレゼントしたいと思ったり、久しぶりに料理が作りたくなったりといった、ポジティブでクリエイティブな印象を消費者の皆様に与えるようなインスピレーションを掻き立てる商品をつくっていきたいと考えています。
>>詳しくはこちらの記事(note)をご覧ください。

大切にすること 10

私たちは商品作りや経営において、以下の10個のポイントを大切にしています。

  1. 心をつくし、手をつくす。
  2. 職人となり食人となる。
  3. 人や食材との繋がりを大切にする。
  4. 出来るだけシンプルな組み合わせで考える。
  5. 作るたのしみ、食する喜びを皆で共有する。
  6. 1次産業の発展に寄与する。
  7. 環境に配慮し、無駄なものを使わない。
  8. 食文化の伝承をおこなう。
  9. 旅をする。
  10. 足るを知る。

添加物についての考え方

創業して約150年の歴史の中では、様々な時代の流れがありました。その中で甘口の醤油文化である山口県のメーカーの私たちにとって、避けて通れないのが「添加物」の問題です。 砂糖の何百倍の甘さの粉や常温でもカビが生えなくなる液体、、、今は『悪いもの』としての認識が強い”添加物”ですが、恐らく当時は本当に便利な魔法の薬だったのだと思います。良い商品を作りたいと思っていたメーカーにとっては取り入れるべき選択のひとつであったのでしょう。
それは今のネット社会に似ているかもしれません。こんなに便利なネット社会ですが、もしかすると数十年後には人工知能を持ったコンピューターに人間が支配されて『悪いもの』になっているかもしれません。

今、私たちが商品を作れるのは長い歴史の基盤があってこそです。誤解を恐れずに言えば、添加物もひとつの文化と考えています。
様々な文化のうえで、ものづくりをさせてもらっている私たちは、その文化も尊重し、改善し、引き継いでいく義務があります。
当然ながら体に良い添加物はありません。使用するからには、添加物について誰よりも見識を深め、私たちなりの線引きをし、安全な食品作りを最優先することをお約束します。

現在、新商品については、基本的に添加物は使用しない方針ですが、それは「出来るだけシンプルな組み合わせで考える。」という考えのもとのチャレンジであり、添加物の存在を否定するものではありません。
従来商品の甘口のお醤油などに関しましては、今の世代の私たちが引き継いだ時点で「甘い醤油」が地域の食文化であり、オリジナルのスタイルでした。そのため、無添加ではありませんが、その食文化を優先し、地域の味として自信を持って製造しています。
もちろん、従来商品であっても、流通状況や販売管理状況が良くなった現在、もう必要としていない添加物や、必要以上の旨み成分などは数年単位の長いスパンにて少しずつ使用量を減らし、可能な限り少ない量での製造を心がけています。

地域の食文化を担う役割

味噌・醤油は地域の食文化を担ってきた基本調味料です。まだまだ地域性の豊かな調味料であることには変わりありませんが、モノや情報が手軽に入ってくる便利な時代に突入し、今後もこの地域性を守っていくことに関してはもはや楽観できる状況ではありません。

豊かな日本の食文化を守るために、私たち小さな醸造所が出来ることは少ないかもしれませんが、地元小学生の工場見学や中学生の職場体験、出張みそづくり教室などを通じて、離れつつある身近な発酵食品に親しんでいただく機会を少しでも増やしていけたらと考えています。

image_mitsuura_4

光浦醸造ショップ

Mitsuura-jozo Shop

a

2018年2月に光浦醸造本社併設ショップがオープンしました。

>>光浦醸造本店ショップへのアクセスはこちら

会社概要

社   名 光浦醸造工業株式会社
代 表 者 光浦健太郎
創   業 慶応元年(1865年)
創   立 昭和24年3月19日
資 本 金 1000万円
従 業 員 数 30名(内パート14名)
事 業 内 容 味噌・醤油・紅茶及びその他関連加工食品の製造販売
所 在 地 〒747-1232 山口県防府市大字台道3532-4
連 絡 先 TEL 0835-32-0020 / FAX 0835-32-0086