光浦醸造

 エコなお仕事。


20161102_1

20161102_2

最近は、様々なモノが再利用のために回収されています。以前から、空き缶や空き瓶、新聞紙などが回収、再利用されていましたが、今ではスーパーでもペットボトル、トレーなどの回収は当たり前で、衣料品店では洋服や靴までもが回収、再利用されています。自分が子供だった頃よりも、ごみの分別は細かくなり、再利用されるモノの種類も増えました。

昔から廃品で回収されるモノの中でも、一升瓶が回収されることは知っていましたが、回収後はリサイクル場で洗って再利用されるのだろう、くらいにしか考えたことがありませんでした。

しかし、入社してから、自社で一升瓶を洗浄する機械を使って瓶を洗浄し、再利用しているのを見て、カルチャーショックを受けました。私がスーパーで醤油を購入する家庭で育ったからか、町の醤油屋さんでも洗浄する機械を持っているところがあって、空き瓶を洗浄し、再利用しているとは知りませんでした。

お客様が一升瓶入りのお醤油を購入され、使用後は空き瓶を持って再びご来店され、また一升瓶でご購入されていく…このエコロジーの原点のような繰り返しが、以前からずっと続いていることは何気にすごいことだなと思います。

町の味噌・醤油屋さんである光浦醸造にとって、調味料を作るだけでなく、瓶を洗浄して再利用する、そんなエコな作業も仕事の一つなんだなぁと、瓶の洗浄機から湯気が上がるたびに再認識しています。